【続報】ソーラー取り付け工事編その②




Pocket

【続報】ソーラー取り付け工事編その②

こんにちは!おすひとです!

気付いたら前回更新から2週間近く経とうとしています。

天候不順で延期したものの、パネル取り付け自体はその翌日には完了していたのですが、

どうも時間的余裕・・・というよりかは、精神的余裕がなく更新を延期してしまいました。

今回はパネル取り付けしたよ~と言う事と、

それに関して案の定外観上の問題が出ましたよ~っていう事を、

メインでお伝えしようと思います。

では早速。




ソーラー設置完了!!ただやっぱり・・・?

本来なら工事前に確認しておくべきだったのかも知れませんが、

その時から取り付け当日まで、なぜか頭の片隅にもなかった、

パネルから外付けブレーカーへと向かう配線問題。

パネル取り付けが完了した屋根を西側から見てみます・・・

以下、私のラフスケッチならぬ雑スケッチ参照

『お、意外と違和感なく付いてる・・・イイじゃん!!』

『今時って感じでカッコイイね!』ぐらいに思っていましたが・・・

続いて東側を見てみます。

我が家の東側はお世辞にもセンスあるとは言えない、

非常に『のぺ~っ』とした、縦長感を強調するデザインとなっています。

窓もほぼない、壁だけが続く家です、東側は。

(なので私は東側から家に帰りません、いつも西側の道を使って帰ってきます笑)

思わずこの現実から目を背けたくなってしまうのですが、

その東側の屋根がどうなっていたのかと言うと・・・・

まる見えですよ!管(くだ)が!!

↑黒線がその管を表しています。

うあぁあああああああああああ!!!!

いや、ホントにうわぁあああ!!って感じでした。

ソーラーの配線を通した管が、堂々とその存在を主張しながら、

雨どいの横に併設され、ブレーカーまで伸びています。

もう少し、屋根の上の管の取り回しは、なんとかならなかったのでしょうか。

屋根の中央を、めっちゃ走ってますやん!

この期に及んでまだ外観を気にするのか!って話ですが、

どうせ取り付けるならスパッときれいに収めたいものです。

まぁもし後付けでソーラーを取り付ける場合には、

屋根上の配線(管)がどうなっていくのか、しっかり確認しておくと良いですね。

その他もろもろ・・・

と、言っても、

他にやった事といえば、市から送られてきた補助金の申請用紙を、

中身を記入して三井ホームに転送した事ぐらいです。

5万くらい出るっぽいですが、

この補助金は自治体によってあったりなかったり、

早いもの順だったりと色々みたいです。

ただ、まだ発電はしていないのですが、

やはり夜はあまり電気を使わない様に、気を付けています。

売電の手続き(国からの許可待ち)にはもう2ヵ月~くらい掛かりそうなのですが、

結局昼間どんだけ発電して電気を売っても、

夜は昼に売った分以上使ってはいけないので、

(いけなくはないけど、売電的にはマイナスになっちゃう)

食事の時はテレビを消す様にしました。

子供もご飯そっちのけでテレビ見ちゃうし。

ご飯に集中してくれるので一石二鳥です|д゚)

それに伴いリビングの電気も消灯です。

特に平日なんて、仕事から帰ってきたら疲れてるので、

飯食って早く寝たいですからね。

不要な電気は使わないって事に限るんじゃないかなと、思います。

まぁここら辺は、実際にソーラーが稼働し始めて、

売電効果がどうなのかっていうのと合わせて語られるべきだとは思いますが、

ちょっとフライングして、

心構え的なものを勝手に宣誓してみました(笑)

何はともあれ、稼働するのが楽しみです。

果たしてシミュレーション通りの結果になるのか、

プラスになるのかマイナスになるのか、こうご期待!!

まとめ

・・・という感じで今回もお届けしました。

まぁ見た目的には『んん~??』って思う部分もありましたが、

実際は私みたいに家の外見を気にする人間なんてのは一握りだと思います。

大多数の人はそんなとこまで見ていないので、

最近はそういう風に割り切って考える様にしています。

(そうやって自分に言い聞かせてる)

ちなみに、ここでは西側に取り付け~と言っていますが、

我が家は南に斜めに振れてる立地ですので、正確には南西?側になるんでしょうかね?

まぁ太陽の光は日中しっかり当たる所にソーラーを設置していますので、

その辺は心配ないです。参考までに。

では今回はここまで!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(*’ω’*)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク