【朗報】俺氏、とうとうソーラー設置を検討する。




Pocket

【朗報】俺氏、とうとうソーラー設置を検討する。

こんにちは、おすひとです。

今回はタイトルの通りです。

家を買う時にも一瞬考え、『3キロワットはたかが知れてる、外観も損なう』

という意見から設置を諦め、

その後もソーラーの負のニュース(地域によって太陽光の買い取りを中断する検討に入った・・・

コスト回収に見合わない・・・  屋根ガー、補修ガー、雨漏りガー|д゚))

を耳にする度に、

「ほら見た事か」

と、強がって生きてきました。

年々買取価格がいい具合に下がっていってるとも知らずに・・・

そんなこんなで、ふと太陽光の比較サイトを覗いてみると→(なんだかんだ気になってる)

2017年(平成29年度)の売電価格・・・10kw未満は28円!!(出力抑制ありの場合は30円)

※出力抑制とは??・・・簡単に言うと電気作りすぎ!買い取れないからもう作らないで!!

と言って一時的に買い取りストップする事です。多分ニュアンスは合ってる。

なんと、

家を建てる!と契約した3年前(2014年)と比べると、

9円も値が下がっていたのです!!

おいおいおいおいおいwwwwwwwwこりゃ一大事wwwwwwww

あの時に買ってればwwwまた違っていたかもしれないwwwwwww

まぁ草を生やすのはこの辺にしといて、

とりあえず試算して、どれだけメリットがあるのかを真剣に検討しようと思っている次第です。

やはりこの2年間で、全館空調を入れると電気代がどのくらいになるのか、

データを十分に?取ることが出来ましたからね。

以下参照↓↓

【悲報】冬シーズンの電気代、2万を超え続ける こんにちは、おすひとです。 3ヶ月ぶりの更新です。 ちょっと全て...

平均すると電気代は毎月15000円ほど掛かっているので、

やっぱり、この分を少しでも減らしたいんですよね。

というわけで、本当にソーラーをのっけるのは吉なのか!?

色々と情報を整理して決めていきたいと思います。




太陽光は得なのか損なのか、今の時期に取り付けるのは?

売電価格が年々目減りしているのと同じ様に、

ソーラーパネル自体の値段も、価格競争や技術進歩により下がっていってるそうです

だからといって安易に購入するのはまだどうかなって思いますが・・・

(そうやって買わせようとしてるメーカーの作戦なのかも知れません(笑))

とりあえずいくつかポイントとしてまとめておく事にします。

ポイントその1.単純に電気代が安くなる?

そもそもなぜ電気代が安くなるのか?

有名なソーラーサイトからコピペしてきましたのでご覧ください。

・電気代の計算式は

基本料金+電気使用量×買電単価+燃料調整費・再エネ賦課金

・太陽光発電で発電した電気を自宅で使うため電気使用量が下がる(余った分は売電)

・たくさん売電できた方が得なので節電意識が強くなる(電気使用量がさらに下がる)

・買電単価は電気使用量が少ないと安くなる(従量電灯Bの場合)

・電気使用量が減ると燃料費調整・再エネ賦課金が下がる

つまり太陽光発電を設置すると電気代はかなり下がると理解しておけば大丈夫です。 

No.1太陽光見積りサイト【ソーラーパートナーズ】より引用

全量買い取りだと発電した分全てを売りはらってお金にしますが、

余剰買取はまず発電した電気は自宅で使うのですね

だから電気代そのものが安くなる、というからくりなんですね。

ここの安くなった電気代というのがあまり重要視されてない印象を持ちますが、

そもそも電気代が今まで10000円掛かっていたとして、

1000円でも安くなればそれは単純に1000円の儲けなんですよね。

で、更に売電分が上乗せされて更に+○○円。

問題は、これを何年繰り返すと元が取れて、利益になるのかって事ですよね。

では次の話題。

ポイントその2.何年で元が取れるの??

これもとりあえず、

上のNo.1太陽光見積りサイト【ソーラーパートナーズ】さんから画像を引用させて頂きます。

非常にざっくりな感じですけどね~。

特にハウスメーカーの保証をつけてソーラーを取り付けるのは、

中間マージンも発生するのでこの4.7kw166万円で収まらないと思います。

まぁ見積もりをちゃんと取ってみないと分かりませんけどね。

ただ、元を取り、いち早く利益を出していくためには、

初期費用がどれだけ抑えられ、

なおかつどれだけの発電量のパネルを載せれたか?

というところが大きいポイントになりそうです。

単純に発電効率が良ければ、

その分電気をたくさん作る→たくさん余剰になる→めっちゃ売る

という構図になりますからね。

また、ソーラーのパネルや、電気を直流から交流に変換する

パワーコンディショナーが何年持つのか、

保証はどうなのかっていうところもポイントになりそうです。

ポイント3.パネル、周辺機器の保証はどうなってるの?

途中でぶっ壊れてしまったり、

発電効率が極端に落ちてしまっては元も子もないですからね。

一応保証が各メーカーどれだけあるのか、

比較してるサイトがあったので参考にして下さい。↓↓

保証・定期点検のメーカー比較

ここらへんも、購入する時にじっくり検討して、慎重に進めていきたいところです。

まとめ

今回はソーラー関係の記事をお伝えしましたが、

とりあえず今度、三井のリフォーム担当の営業さんにシュミレーションを出してもらうので、

ソーラーをどうするかは、その結果次第って感じですかね。。。

とはいえ、屋根の保証は三井ホームにやってもらわないと不安でしょうがないので、

中間マージン分はどうしても覚悟しないといけませんが・・・

ただ、一応No.1太陽光見積りサイト【ソーラーパートナーズ】で他の施工会社にも

見積もりは出してもらいました。

比較するというか、値段だけでも出しておけば後で参考になると思ったので。

ちなみに6.6kw載っけて180万でした(笑)

皆さんもこんな感じで気軽に利用してもらえればと思います。

今回は以上になります。では、最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク