【速報】ソーラー取り付け工事編①(あとアシナガバチの事も少々)




Pocket

ソーラー取り付け工事編その①+ハチの巣編

こんにちは、おすひとです。

こんにちはとか言いながら、実は日曜の朝から打ち込んでますが・・・

日曜の朝からPCに向かうのも、いいものですね。

時間を贅沢に使えてる気がして、ついついブログ更新に精が出てしまいます。

というか、時間と、やる気・体力が十分に有り余っている状態じゃないと、

中々更新が出来ない。

だから出来れば土日の午前中は何も予定を入れたくない(笑)

とまぁ入りの話はこのくらいにして、では早速本日の話題から。




ソーラー設置編~今週の段取り~

工事としては3日かけて、金曜に足場組立、土曜日にパネル設置、日曜に足場解体・・・

といった流れだったのですが、先日の土曜日はあいにくの雨という事で、

パネル設置は見送られました。

代わりに屋内の工事を進めて頂きましたが、特に問題もなく進行。

予定通り、パワーコンディショナやソーラーモニタを取り付けしてもらい、

配線や外付けブレーカの設置も無事終わりました。

とりあえず気付いた点をいくつかあげます。

外付けブレーカーについて

まず外付けブレーカー(ソーラー自体のブレーカーです)ですが、

これはいたずらしようと思えばしたい放題です。

外付けと聞いた時に嫌な予感はしていましたが、案の定、

南京錠とかのロックはやっとかないとまずいですね。

パカっと開けてパチンとやっちゃえばもうお手上げ状態なので、

早急に準備しないとって感じです。

確か我が家の場合はイレギュラーなケースで、外付けになったはずですが・・・

(普通は屋内のはず)

まぁこの問題はもうしょうがないので、強固ロックで対応したいと思います。

ていうか、年に何回かはカバーを開けて、

外付け特有の汚れ(コケとかなんか緑っぽいやつ)も除去しとかないとちょっと不安ですね。

パネル取り付け工法について

これですが。。。肝心な事をしっかり聞いていませんでした。

多分これが一番大事だと思うんですけど(笑)、どこか上の空で聞いてしまっていて、

屋根裏からの工事は不要としか記憶していません。|д゚)ガーン

まぁ確認はいつでも出来るので、また確認が取れたら追記します。

一応、三井ホーム推奨の取り付け方法で施工してもらうので心配はしていませんが・・・

(じゃないとわざわざ三井ホームを通した意味ない)

ソーラーモニタ・非常用コンセントについて

ついにモニタ集中管理エリアに、新しく加わりました。

ソーラーモニタ。

また本格的に稼働したらちょくちょくレポしてこうと思いますが、

ソーラーの発電量と、電気使用量買電中か売電中か

メイン画面に表示される仕様になります。

軽く操作してるのを見せて貰ったんですが、

思ったのが、照明一つでも、点灯させるだけで0.1~kwぐらいでしたけど、

消費するんだな~と。

これの積み重ねが影響してくるんだなと。

ますますけち臭くなって奥さんに怒られそうです。

でも仕方ありません。家に一人はそういう口うるさいやつがいないと、

ブレーキ効かなくなっちゃうじゃないですか!

会社の上司と一緒ですよ!

嫌われてても、うるさいくらい言う事が!

自ずと!

習慣に!

なっていくんですよ!!!!(強調)

まぁあんまり節約しすぎて家の中ずっと暗いとかだと気分も沈んじゃうんで、

そこは折り合いと、メリハリをつけてやってこーかなって感じです。

あと、ちゃんと動くか確認するのにドライヤー使ってみたんですけど、

あれも実は結構電力消費してたんですね。以外な発見でした。

ちょっと話が逸れましたが、

ちなみにこの壁の下に非常用のコンセントが付きます。

これが『マジで非常用のコンセント』で、

停電時に冷蔵庫の電源にするくらいしか使えないって言われました。

そこまで大きく電力をカバーしてくれないんですね。

しかもソーラーが稼働している昼間じゃないと使えません。

蓄電池から電力を供給してもらうわけでもないので、これは仕方ないですね。

夜中に停電しない事を祈るばかりです|д゚)

ハチの巣駆除~うわぁああああああああ!!編

失礼しました。

実は今回の記事はここからがメインです。

前々からハチ関連の記事でこのブログはお祭り騒ぎ状態でしたが、

今シーズンは今回でラストとなりました。また来年お会いしましょう!!

(ウソです、もう巣は作らないで下さい)

いや~、しかし、長いシーズンでした。

今年は平和だな~と思っていたら、屋根に巣が見つかり、

屋根の上だからいいかと思っていたら、玄関横に引っ越してきて・・・

そしてとうとう、この‘‘時‘‘が来たんですね・・・!!

・・・

すみません、導入が長くて恐縮ですが、

要するに巣を業者さんに駆除して(取って)もらいました。

結論を先に言うと、前回紹介した記事の通り。↓↓

【悲報】あしながさん、巣から逃亡する こんにちは、おすひとです。 ※今回も三井ホーム全く関係ありません。私の個人的な内容とな...

やはり巣はもぬけの殻となっていました。

寄生バエにやられたか、スズメバチに襲われたのか・・・

真因は分かりません。

(スズメバチケースの方が恐ろしいので厄介なんですが)

一応写真も撮ったので、それらも織り交ぜながら説明していきます。

(虫嫌いな方は一応グロ注意です。とは言っても、虫は出てこないんですけど)

デ、デカくて・・・カタイ・・・(下ネタではありません)

こ、これは・・・

比較対象としてドライバーが横に置いてありますが、

どうでしょう?直径20cmくらいはあったのかな?

裏?側がこちら↓↓

そろそろ中身が気になってきます。

割ってみましょう!!おりゃっ!!

・・・

わ、割れない・・・

めっちゃしなります。なんじゃこの物体は!!

これが噂に聞く自然界の産物、ハニカム構造というモノなのでしょうか・・・

ハニカム構造(ハニカムこうぞう、英語:honeycomb structure)とは、正六角形または正六角柱を隙間なく並べた構造である。ハニカムとは英語で「ミツバチの櫛(=蜂の巣)」という意味であり、多くの蜂の巣がこのような形をしていることから名付けられた。
広義には、正六角柱に限らず立体図形を隙間なく並べたもの(3次元空間充填)をハニカムと呼ぶ。
板状の素材に孔を開ければ、強度をあまり損なわずに必要な材料を減らすことができる。孔の大きさや数をどんどん増やせば、最終的には棒材による構造が残る。同様に、塊状の素材に孔を開ければ、板材による構造が残る。これらがハニカムである。

Wikipediaより引用

素手じゃどうにもなんないので、

家からハサミを持ってきて解体開始です。

でもハサミも食い込んじゃって中々切りづらい・・・

解体して、中の様子を確認します。

さなぎでまだ蓋の空いてないモノがあったので、こじ開けたところ、

微かに虫っぽい体つきの‘‘何か‘‘を発見しました。

やはり寄生バエに全滅させられたのでしょうか・・・?

結構アップで撮ってみました↓↓

まぁアシナガバチも育児放棄とかするし、

ググってもホントに知りたい事は中々出てこなかったりで、

なぜシーズン真っ盛りのこの時期に、

巣が‘‘す‘‘っからかん(ギャグではない)になったのかは想像の域を出ませんが、

何はともあれ、知的好奇心を満たす貴重な体験をする事が出来ました。

ソーラーも付けてハチとも触れ合え、まさに棚からぼたもち!

うまくまとまりましたね!(ニッコリ)

まとめ

今回は以上となります。久しぶりに3000字以上の大ボリュームの記事となりました。

毎回こんだけ書けると良いんですけどねー、

今回は虫が関連してたんでいつも以上に頑張っちゃいましたね!!

もはや三井ホーム全く関係無くなりつつある記事ばかりですが、

なんとか、無理やり関連づけて頑張っていきます。←(え|д゚)

これからもぜひ、この三井ホーム特化型ブログを応援して頂けたらと思います。

では、今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク