三井ホームの地震対策を解説してみた。




Pocket

三井ホームの地震対策を解説してみた。

こんにちは、おすひとです。

今回は三井ホームの地震対策を、

耐震、制震、免震の観点から紹介していきます。




耐震、制震、そして免震

耐震について

地震に対する対策として、実は3種類あるんですね。

一つはここで取り上げている耐震

これは、地震に対して建物が壊れない崩れないというのをキーワードにしており、

多くのメーカーの地震対策はこれをコンセプトにして行われています。

まず建物が破壊されないのは絶対条件ですからね。

三井ホームは枠組壁構法、俗に言う2X4工法(ツーバイフォー)を採用しており、

さらに日本の風土に合わせてより欠点のない工法として仕上がっています。

三井ホームではこれをプレミアム・モノコック構法と謳っていますが、

ちょっと長くなりそうなのでまた別の機会に取り上げたいと思います。

ちなみに、今はツーバイフォーよりも2X6工法(ツーバイシックス)を

押していってる流れになっていますが、

地震そのものに対する強度はどちらも変わらないそうです。

では何が変わるのかと言うと、壁の厚みが増す事により断熱性能や遮音性が

向上するのですね。

ただ我が家はツーバイフォーですが非常に快適に過ごさせて頂いております。

※ツーバイフォーに関してはこちらの記事

‘‘モノコックって何?‘‘という項目で簡単にですが説明しています。

制震について

そしてもう一つは制震

これは、地震の揺れに対しての対策であり、発生した揺れのエネルギーを制震装置を使って

分散、軽減するのを目的としています。

建物の骨組みの中にダンパーを設置するのですが、

各メーカーこの機能を標準で備えているというのはあまり聞きません。

おそらく、今の家は耐震の技術が上がってきているため、

それだけで家の安全は保たれる・・・といった考えもあるのだと思います。

ちなみに三井ホームにはVAX(バックス)という制震装置が扱われています。

これは三井ホームのプレミアム・モノコック構法と組み合わせることにより、

一般的なツーバイフォーの建築物(耐震等級1相当)に比べて、

地上に対する建物の揺れを2階建ての2階床で、

最大80%程度低減できるようになるそうです。

※この耐震等級1というのは、

  • 数百年に一度発生する地震(震度6強~震度7程度)に対して倒壊、崩壊しない。
  • 数十年に一度発生する地震(震度5程度)に対して損傷しない。

というのが基準になっています。

ちなみにこれが等級2になると1の時の1.25倍

3になると1.5倍の規模の地震に対応できるようになります。

今のハウスメーカーはこぞって標準仕様で耐震等級3というのを実現していますが、

2016年4月に発生した熊本地震ではまだまだ築浅の住宅が倒壊するなど、

やはり地震と家屋の倒壊への不安が消えません。

ただ三井ホームは1995年に発生した阪神淡路大震災から熊本地震まで、

全半壊0のメーカーですので、そこはとても安心ですね。

(2011年の東北地震では津波により流されてしまった家屋もあります)

このVAXという制震システム、普通だと100万くらいするそうです。

もちろん私の家にはついておりません。(笑)

詳しい情報は三井ホームのホームページから

テクノロジー→安全・安心→免震・制震システムで見ることが出来ます。

免震について

そして最後に免震。

これはそもそも家を揺らさない。という考え方です。

家の基礎部分に地震の揺れに逆らわずに、緩やかに揺れるような機能を備えさせる事により、

揺れそのものを軽減させるというものですね。

まったく揺れない!というわけではありませんが、

高いレベルで家の安全性を保つ事が可能になります。

三井ホームはM-400という、

ボールベアリング支承とオイルダンパーを用いて揺れを軽減させる

免震装置を取り扱っており、卓上の花瓶やワイングラスも倒れない等、非常に高いレベルで

揺れを抑える事が出来ています。

家具などの転倒も防ぐ事が出来るので、これさえあれば地震も怖くなくなりますね。

ただ、これはどの免震装置にも言える事なのですが、

地盤によっては取り付けられないという事もあるので、希望される方は注意が必要です。

これも三井ホームのホームページから

テクノロジー→安全・安心→免震・制震システムで詳細を見ることが出来ます。

しかし、当然の事ですが、これもオプションです。(笑)

私は他のハウスメーカーで免震装置の体験をしたことがありますが、

こんな素晴らしい機能が、標準でついてるなんて!

と勝手に標準装備にしてぬか喜びした事があります。

その時は制震?免震?という状態だったので、

わざわざ体験させてくれるのだから標準装備に違いない!これで地震も怖くないぞ!と

勝手に勘違いしてしまいました。

もちろんそんな訳はなく、三井ホームの免震の費用は把握してないのですが、

その私が体験したメーカーの免震は500~600万だったと記憶しています。

まぁ高い装置ということですね。

もちろん私の家にはついておりません!家と土地だけで精一杯でした。トホホ・・・

まとめ

これだけの制震、免震機能、確かに備えてあれば地震に対してはもう無敵と言っても過言ではないでしょう。

しかし三井の営業さんも言っておられましたが、

三井のベーシックの耐震技術だけでも十分な安全は確保出来ます。

予算的に厳しい方も安心して三井ホームを買って下さいね(笑)

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク