築30年経っても色褪せない?三井ホームの魅力




Pocket

築30年経っても色褪せない?三井ホームの魅力

こんにちは、おすひとです。

今回のテーマはタイトルにもありますが、

ざっくり言うと、『年月が経った三井ホームの家もすごくいいよね!!』

という内容です。

三井ホームで家を建てると、定期的に『RFAM(ルファーム)』という

冊子が送られてくるのですが、

そこには過去の三井で建てられたお家が、毎号いくつか掲載されていて、

私もファンとして食い入るように見てしまうのですね。

こういった冊子です↓↓

人様のお家を勝手にネットで公開する事は出来ないので、

ここで『こういうお家だよ~、ステキなインテリアだよ~』と紹介出来ないのが

ちょっぴり残念ですが。

ただ見ていると、ホントに味というか、年月の深みと言うのでしょうか、

そういったモノを感じさせてくれるものがあって、

自分の家も将来こんな風に良い味わいを出してくれるのかな、

とか思うとワクワクして来ます。

今でも勝手に(自分では)一番の家だとか思ってますけど(笑)、

もう20~30年経ったらどんな風になるのかな・・・とかちょっと想像を巡らせてみたり。

と言っても、写真で見ただけでこんな事思っているわけではありません。

実際にお家を見てきました!!

以下から本題に入っていきます。




築20数年??友人宅にお邪魔した時の事

実は私には中学時代から仲良くしていた悪友がいるのですが、

なんとその子の実家が三井ホームだったんですね。

こりゃまたすごい偶然!!(棒読み)

私ももう立派な30代なので、

同級のその子の実家ももう築二十数年でしょう。

もちろん家を買うまではそういった話は全く入って来なかったので、

何も気にしていなかったのですが、

最近改めてお邪魔した時の事、もう私の全感性が教えてくれました。

『あぁ・・・三井ホームや・・・(恍惚の表情)(*’ω’*)』

ここ数年でリフォームされたとお伺いしましたが、

もう外構アプローチと家自体の調和のバランスが◎で、

『やっぱ三井やなぁ~』と感じさせるのに、そう時間は掛かりませんでした。

そして玄関にお邪魔させて頂くと、

まず床材の深い味わいが私を包み込むのです。

『あぁ・・・良イィ!!(深い意味はありません)(*’ω’*)』

先ほど深いと言いましたが、文字通り濃い茶色の床材と、

置いている家具やインテリア小物との配置、色合いのバランスと相まって、

とッッても素敵なのです。

『あぁ・・・たまらない・・・!!(深い意味はありません)(*’ω’*)』

まぁ私のくだらない感想は置いといて、

年月と共に家自体が味わい深いものになっていくという事を、

この目で見て、リアルに実感する事が出来ました。

一応どんなイメージかというと、こんなです。↓↓

  

こちらは神宮東モデルハウスの『チューダー』というモデルですが、

結構築年数が建っていますが、それ相応の味わいが感じられて、

『あぁ・・・良(以下略』

と思わずにはいられません。

これから三井ホームを建てていくオーナーさんにも、

こういった楽しみ方もあって、それと共に暮らしていけるんだ。

って言うのを感じて頂けたら、まぁローン返済の活力だったり、

今までよりももっと自分の家が好きになるのかなって、思いました。

完全に要らぬお節介ですけど(;’∀’)(笑)

まぁ古き良きに趣きを感じる・・・というのは、

三井に限った話ではなく、何にでも言える事ですけどね。

以下、中古住宅の話

ちなみに、日本の中古住宅はこういった話とは反対に、

20年も建てば価値0とか、良くある話です。

三井ホームはスムストックと呼ばれる制度で、割かし高値で売る事が出来ると聞きますが、

業界全体で見た時にどうなのか考えると、まだまだ中古住宅の評価は低いのが現実です。

これまた違う工務店さんの話ですが、アメリカンな輸入住宅を作る工務店さんで、

現地の職人さんに仕事を教えて貰ってた時に、

『日本の住宅は年月が過ぎると価値が無くなる』との話が出たそうです。

その時に職人さん(現地のアメリカの)は、

『自分が建てた家の価値が無くなるのか!』と憤慨したそうです。

いやぁ、そりゃ怒りますよ。

価値0円て・・・

JAPANは足元見すぎですよ??

アメリカンハウスの美しさが分からないんですか!?くぁwせdrftgyふじこlp

ふじこふじこ・・・

おっと!思わず発狂してしまいましたが、要するにそういう事なんですね。

もちろん家のメンテナンス状況だとか、総合的に判断はされているとは思いますが、

建てた側としては残念ですよね。

まぁこの話を延々とすると学がないのを露呈してしまうし、

『ならお前中古買えばいいだろ』ってなって終わってしまうので、

ここらでやめときます。(笑)

ただ、本当に価値のある家は、しっかりそれを認めてもらいたいな~と思ったり。

まとめ

今回はここまでです。途中変に脱線してしまいましたが、

年月が経てば経つほど、それが味わいとなっていき、

より魅力ある我が家にしてくれる・・・っていうのが、

今回言いたかった事です。

まぁ私の目は三井ホームびいきの色眼鏡で物事を見ているので、

ある意味正常な判断が出来てないんですけど。|д゚)

もちろんこれはどのお家、ハウスメーカーにも言える事だと思います。

あぁ、絞めの言葉が思い浮かばない・・・

ちょっとここらで終わりにしときます。

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク