全館空調の温度設定について考える




Pocket

全館空調の温度設定について考える

こんにちは、おすひとです。

今日は全館空調の温度設定について考えてみたいと思います。

タイトルまんまですが・・・

この記事を書いている時刻が朝方4:30です。

空調温度は、22:00~6:00までは20℃に設定していますが、(省エネの為)

正直、寒いです・・・(切実)

私が車中泊用に買ったデジタル時計の温度は20.5℃と表示されています。

日中の22℃だと暖かい実感はあるんですけどね。

ちなみに全館空調のコントローラの方は21℃、湿度25%(!?)になっていました。

この湿度差も気になりますが・・・

吹き出し口からはしっかり暖かい風が吹いていましたけどねぇ・・・

色々ググってみると、湿度が低いのも体感温度に影響している様です。

一応加湿器はあるんですけど寝室用なので、

吹き抜けリビングに使える巨大な物は用意できません。

あと、窓が結露していると空気が窓から逃げている証拠らしいですが、

もちろん結露はありません。

しかし、しいて言うならですが、窓のすぐ下の床は外と窓1枚分しか隔ててないせいか、

キンキンに冷えています。

おまけに私は家の中はもっぱら素足なので、その影響をもろ受けてます。

「靴下履けよ!!」って言われたらそれまでなんですけど・・・(´;ω;`)

でも家の中くらい素足でいたいんですよ!

家の中でも靴下履いて蒸れたくない・・・ムワムワ

恰好としては、上は長そでの肌着にもわもわのパジャマ、下はももひきです。

足だけ寒いかなー。

ここらへんは全館床暖房設定のある一条工務店の方が強いかなーって思いますね。

そこに対抗するには物理的に温度設定を上げるか、

床一面にカーペットを敷くしかないんですけど・・・

何より空調の吹き出しが止まるのが一番堪えます。

温風を受けていたいんですよ!(叶わぬ願い)

特に脱衣所なんかがそうですね。

風呂から上がってゴソゴソしている時に、運悪く無風状態だったらもう大変!

そういう時は浴室で体拭いてますけど。

・・・ちょっと話がそれました。

我が家はシーリングファンが付いていますが、

風向きを冬は上向きに、夏は下向きにするのが心地いいそうです。

今調べたらうちは下向きになってったんで先ほど変更しましたが、

うーんなんでしょう、とにかくこの温度設定だと寒いですね!(笑)

1℃変わるだけでだいぶ違うとはいいますが、こんなに違うとは。

まぁでも考えてみれば家の中なんて、ある意味一番無防備な状態ですからね。

外出する時の様にしっかり防寒するとか、身構えたりしないので、

実は風邪をひくのに一番近い環境なのかも知れません。

だからこそ、家の中でもしっかり防寒対策をして、

風邪をひかないように気を付けなければいけませんね。




まとめ

今回は短めですが、この辺で締めます。要約すると、

20℃設定だとまだ寒いから、家の中でも油断せずにしっかり防寒対策をしましょう。

という話でした。

多分私の場合は、とりあえず靴下を履いた方が良いのでしょう。

ただ他にも、部分的に防寒する事で20℃でもやっていけますね。

ネックウォーマーだとか、ももひきの上からパジャマ履くとか、

大人しくジャケット羽織るとか・・・

『家の中だから厚着したくない!』という葛藤はもっともですが、

『家の中だからこそ厚着するんだ!』という気持ちも大切なんだと、

この記事書いてて、ふと思いました。改めて自分を見つめ直したというか。

というわけでこの辺で、

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

P.S.

最近というか、仕事していて常々感じるのが、『精神安定しないなー』という事です。

まぁ俗に言う会社ストレスですが、

ネットをうろうろ彷徨ってたらこんなものを見つけました。↓↓

100%オーガニックハーブティーブランド【MENT】

これ、ハーブティーなんですけど、

どうやらただのハーブティーではなく、自律神経を整える効果が期待できるそうです。

工場勤務で昼夜2交代やって朝夜の逆転当たり前の私にはうってつけじゃないですか!

とっくの昔に自律神経なんて崩壊していますYO!!HAHAHA!!

失礼。そもそもハーブティーとか、『香り』のあるものは精神を落ち着かせるとか、

そういった効果があるのは昔から言われてますけどね。アロマもそうだし。

特に今の時期は寒いので、温かいお茶の代わりにこれを飲んで、

「あぁ~~~~~~~~(^^♪」

ってなりそうですね。

いや、まだ買ってないんですけどw

試してみたらまたレポしようと思います!!その時はまた紹介します。

ではまたこの辺で、今度こそありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク