節約の為に空調止めてたら、普通に寒くて風邪ひきそうになった話




Pocket

節約の為に空調止めてたら、普通に寒くて風邪ひきそうになった話

こんにちは、おすひとです。

ここんところの1週間、ずーっと雨で気温も上がらず、

家の中はずっと冷えこんだままでした。

健康住宅を謳って全館空調を推奨している三井ホームなのに、

私みたいな節約志向野郎がいると、

『全館空調があるのに風邪をひいてしまった!!』

という本末転倒な事態に陥ってしまいがちです。

奥さんからも逐一、『もう空調入れてよ』と言われ続けましたが・・・

おそらく春・秋の気候なら、夏・冬と比べても激しい寒暖差があるわけではないので、

そこまで電気代が高くなる事はないと思います。

ただ、多少着込めばどうにかなる温度なら、

予定通り来月までは頑張りたいというのが本音です・・・

(*’ω’*)

というか、季節と気温の変化に合わせて、家の中でも衣替えをするというのは、

いつの時代も当たり前の話なはずで、

文明の発達によって私自身、そこらへんがたるんでいたのかも知れませんね。

要するに、

空調使ってパンイチでも快適な気温に合わせるのではなく、

ちゃんと服を着ろ。

という事ですね、テヘペロ( *´艸`)




この記事にはこれと言った話題はありません

さて、今回の記事ですが、このブログもさすがにネタ切れの為、

ただ私が最近思った事を述べる場にしようと思います。

今までは記事を読んでくれる人の為になれば・・・という思いで綴ってきましたが、

記事の構成や順序立てが上手く出来ない・考えれない時期もあるので、

今回はこのニュースタイルでお届けします。

という事で。

いい写真が撮れました

抜けるような青空です。

青というよりも濃い青、藍色の空ですかね。

電柱と電線が入ってしまいましたが、アクセントと捉えましょう。

ただ空と雲だけでは味気ないですからね。

台風が過ぎ去って雲も一緒に持って行ってくれました。

爽やかに晴れてて気持ちがいいです。

また、久々に晴れてくれたので、太陽光もしっかり発電してくれています。

いいぞ~、どんどん発電しろ~。

正直先週の一週間はほぼお休み状態だったので、ここから巻き返して貰いたいですね。

一応電気代は1年通してのデータがあるので、

ソーラーを付ける前と付けた後、どう変わっていくのかも、

ここで記録していきたいと思います。乞うご期待!!

隣に家が建ちます

また、もう一つニュースがあって、我が家の両サイドは空き地になっていたのですが、

とうとう片側が埋まって、新しく家が建ちます。

今は擁壁(ようへき)を造成中ですが・・・

三井ホームでないのが残念ですが(??)、

隣人の方に代わって勝手に工事を見守っている状況です(笑)

というのも、我が家の敷地分を跨ぎ、土を掘り返して擁壁を立てているので

一応気になってちょくちょく様子を伺っているのです。

また、隣との境界ギリギリ(スペースとしては50㎝くらい)にガーデンルームも建ってるので、

予想はだいたいしていましたが、歩くスペースはあるか等、色々想像を膨らませています。

今んとこ芝が中途半端に生えていますが、

日も当たらなくなるし、砂利に入れ替えようかと検討中です。

また工事が完了したら写真でも撮って、解説しようと思っています(笑)

最後に

もう2年と半年ほど住んで、床の傷も良い感じに増えて、

我が家の三井ホームも完全に住み慣れた家になってきました。

展示場の家とか見ても、うちより広くて大きい家なんて山程あるし、

素敵な家もわんさか見てきましたけど、

私にとっての1番はやっぱりこの家だなっていうのを最近良く実感します。

きっと『住み慣れた』というポイントが『家への愛着』となって表れているのでしょう。

三井ホームに不手際が全くなかったというとウソになりますが、

それでもこんな風にしっかり満足のいく家を建ててくれるっという事に関しては、

やはり流石であり、プロの仕事ですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~ここから愚痴↓↓~~~~~~~~~~~~~~~~

ま、とはいっても、不手際があるのも事実です。

もちろん人間だから致し方ない、という部分は前提としてありますが、

だからといってそれが許容されていいのかと言うと、それは違いますよね。

『間違いは生まれるものである』からこそ、

その間違いを生まない為の徹底した努力はされるべきですし、そこを妥協してはいけません。

我々は社外の人間の、三井ホームからすれば『お客さん』な訳ですが、

色々見聞きしていると、たまに『その対応は如何なものか』と、思わされる事があります。

忙しい云々は言い訳にしかなりませんし、

もちろん我々消費者もそこは理解していますから、クドクドは言いません。

(行き過ぎるとアンケートで密告しますけど)

忙しいのは重々理解していますが、そこを上手くさばける様に対応して欲しいかな~、

と思います。

また、これから三井ホームで建てる方・建築中の方は、

ある程度家の建築が進行して、三井のオーナーズデスクに連絡が取れる様になったら、

問題が起きたらそちらに連絡した方が早く解決します。

現場監督、営業の方を批判するわけではありませんが、

経験上、もう建て終わった我々よりも次のお客さん・現場を優先しています

もちろん営業の方も『オーナーズデスクに連絡を・・・』と声かけしてくれてると思いますが、

毎回このバトンタッチが上手くいっておらず、誤解が生まれている様な印象を受けます。

(ぶっちゃけ私もそうでした)

なんでもそうですが、お互い気持ちいい関係であり続ける為にも、

『自分は客だから~』とか関係なく、

自ら営業さん・現場をフォローしていくつもりの方が、いいのかも知れませんね。

まとめ

以上です。後半勝手に持論を展開してしまいましたが、

不快になられた方がいたら申し訳ありません。

まぁ正直住宅メーカーの営業なんてどこもこんなもんかな・・・

と思う節はやっぱりありますけどね・・・

如何せん私達も営業の方に完璧を求めすぎてしまっていけません。

と、言ってもお金(とんでもない大金)を払う以上、

その金額に見合った態度で接してもらわなければ・・・という気持ちもやはりあるので、

うーん、何が正解なのかいまいち判らないですけど・・・

とりあえず今回はそういった内情もありますよ、という事で。

では、今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク