三井ホームの外壁塗装について




Pocket

三井ホームの外壁塗装について

こんにちは、おすひとです。

今回は三井の外壁の塗装部分について、ちょっと喋りたいと思います。

この塗装は三井の特徴の一つでもあるので・・・

何よりこれも『美しさ』を主張する一つのポイントだと思うので。




標準施工の吹放し仕上げ

この吹放し(ふきっぱなし)というのは、俗にいう吹き付け塗装の事なのですが、

三井ホームの家は、他のメーカーの家とこの部分で一線を画しています。

もちろん、三井だけのオンリーワンではないですし、

アメリカの住宅の様なラップサイディング施工も選べるのですが、

標準施工となっている為か、三井の多くの家はこの仕様となっています。

他のハウスメーカーのおうちを見てもこの吹放し仕上げのは、中々見ないんですよね。

なので私は吹放し仕上げのおうちを見ると

「お、三井かな?」

と、いつもワクワクしてしまうのですが。

ちなみにオプションでコテを使った塗り壁施工も選べます。

展示場の様な立派な家にはこの塗り壁施工でより美しく、

高級感溢れる外観になっている所が多いですね。

我が家は予算の関係でそれも諦めましたが・・・(笑)

次は私がせひ伝えたい、壁への思いを熱く語らせて下さい。

熱い壁への思い

ちなみにこの吹き付け塗装、文字通り吹き付けているので継ぎ目はありません。

まぁサイディング外壁ではないので、当然と言えば当然なのですが・・・

ただ待って下さい。

中には洋風、スパニッシュ系の外観にしているのに、

そういった継ぎ目のある壁のおうちをたまに見かけます。

私はそんな時、「あぁもったいない」と、

勝手に余計なおせっかいの気持ちを芽生えさせてしまうのですが。

でも、それは本当だと思うのです。

そういった美的感覚を持っていたなら、そこだけは妥協せずに

家づくりをして欲しかったと・・!!

なぜ三井ホームにしなかったんだと・・・!

いや、まぁこれは冗談です(笑)

え?ラップサイディングも継ぎ目だらけじゃないかって?

いいえ、あれはもはや継ぎ目ではありません。

統一感を持って張られる外壁には『美しさ』が宿ります。

ラップサイディングの家を見て美しくないと感じる人はいません。

まぁ中にはいるかも知れませんが、私から言わせればそれは間違った価値観であるか、

美意識がない、または違う別の要因でそう感じてしまっているだけでしょう。

話を戻します。

多くのメーカーの家はサイディング外壁ですが、

サイディングだと目地(サイディングの継ぎ目)がどうしても発生してします。

家の外観全体に継ぎ目の線が走るので、はっきり言って、

これは単純に美しくないです。

いや、ちゃんと継ぎ目が目立たない様に施工しているのであれば、まだ良いのですが、

ホントに不自然に、

「ん?貼り付けましたけど何か?」

と、ドヤ顔で訴えかけられるかの様に、雑に施工されている家を

(失礼ですがあえて言わせて頂きます)たまに見かけるのです。

(私は家を見るのが大好きなので、よそ様のおうちもジロジロと見まくってしまいます)

私はそんな時、とても残念な気持ちになってしまうのです。

中には家を建てる時に、

「外観なんてどうでもいい」、「そこまでこだわりはない」と、

重要項目から外してしまう方もいます。

しかし、それは非常にもったいないことです。

多くのケースで人生でたった一度の買い物となるのに、

「どうでもいい」なんかで終わらせてしまって、本当にいいのでしょうか。

家づくりは予算との関係上、全てが自分の思うまま、理想のままとはいきません。

妥協すべき点も出てくるでしょう。

だがしかし、外観は妥協しないで頂きたい。それは施主だけでなく、

メーカーの営業担当にも言える事です。

というか、営業担当こそがそういった美意識を磨き、お客に「美意識」という

新たな価値観を芽生えさせるべきだと、私は思います。

・・・・・・・・・

ちょっと話がかなりあらぬ方向に変わってしまいました。

まとめます。

まとめ

・三井ホームは吹放し仕様が標準仕様であり、美しい塗装であるという事。

・コテ仕上げも選べ、より高級感を演出することが出来る事。

・さらにラップサイディング仕様も選択でき、

 アメリカンテイストの住宅も実現可能な事。

今回の記事はほぼ私の思いで埋め尽くされしまいました。

お見苦しいところも多々あったと思いますが、やはりここは譲れませんでした。

最後まで見て頂きとても感謝です。

ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク