【太陽光発電】設置してから2年間の売電収入を公開します【4kw】




Pocket

【太陽光発電】設置してから2年間の売電収入を公開します【4kw】

こんにちは!おすひとです。

今回の内容は太陽光発電を設置してからの、

2年分の売電収入を見ていこう!というものです。

これから太陽光発電を検討している方、

もう既に設置しているが結果が気になる方は、

ぜひ参考にして頂けたらと思います。では早速!




一番伸びるのは気候が穏やかな春先?

↓のグラフは太陽光を設置した17年10月からの、

2年間に渡る売電収入を記録したものです。

こうして見てみると、2年ともだいたい同じような線を辿っている様に見えますが・・・?

一応棒線グラフでも見てみましょうか。

と、やはり、だいたい似た傾向になりましたね。

3月くらいから伸び始め、ピークを過ぎるのは6月頃、といった感じでしょうか。

その後10月に少し上昇しますが、その後はまた3月頃まで停滞、

年間で見ると売電収入として頑張っているのは3~6月、それに10月の僅か5か月間。

という事になります。

他の月が伸びていないのは、恐らく、

12月~2月は寒くて空調全開。

7月~9月も日照条件的には問題ないのに伸びていないのは、

こちらも暑すぎて空調が常に稼働している事が原因だと思われます。

そして肝心の1年間のトータル売電収入ですが、

1年目は87,248円!!(月平均7,271円)

2年目は83,580円!!(月平均6,965円)

という結果になりました。

ちなみに、太陽光を設置する事で、

電気代削減メリットも生まれると購入時に説明を受けていたので、

そちらの方もどうなったのか検証したいと思います。

太陽光設置で電気代はどうなった??

・・・と、こうして見てみると、一応電気代は設置前よりも減っていますね。

これは各年の月の平均電気代を表しているのですが、

月平均で見ると2,500~3,000円ほどですか。

年間でみると30,000~36,000円浮いてます。

この結果をみて僕が思ったのはぁ、

フ、フフフ・・・

フハハハハハァアアッッ!!!!!!!!!??????

流石じゃないですか!(喜)

って感じですかねぇ。

つまりですよ、売電収入が年間87,000円+電気代削減効果年間36,000円で計算した場合、

太陽光設置における金銭メリットは

123,000円となり、月割すると10,250円になります。

ソーラーローンは毎月12000円払っているので

僅かに及んでいませんが、シミュレーション通りいかないのが常の世界で

この数字はかなり及第点、なのではないでしょうか。

いや、そもそも我が家の太陽光設置には185マン掛かっており、

(詳しい経緯はこちらからどうぞ↓)

【速報】太陽光見積もり価格の回答、出る!! どうもこんにちは、おすひとです。 ちょっと会社の春闘の記事っぽくタイトル...

そんな大金もちろん持ってないもんで、なけなしの50マソくらい払って、

売電契約の終わる10年間の間に払いきれる様に無理やり返済毎月12000円にして

やっただけやって、この毎月の返済金に合わせて考えるのもちと違うやん?

とふと思いました。

設備劣化があるので毎年この様な成績を残せるか微妙な所ですが、

仮に、仮にですよ?

この年間売電収入(87,000円)+電気代削減効果(36,000円)

=123,000円で、どこまで費用回収出来るのか。

計算した所、

1,850,000円ー1,230,000円=620,000円の足が出てしまいました。

この金額は電気代削減効果だけでペイできるのか?

もう無理なのは分かってますがなんとなく計算してみます。

620,000円÷36,000円(経年劣化があるのでこんな毎年削減出来るわけないが)=

17.2年・・・

どひゃ~wwwこりゃ無理だwww

流石に途中で壊れてまうやろwww

185万も初期費用が掛かると回収に売電分10年+電気代削減分のみが17.2年で

合計27.2年掛かります。

四半世紀wwwww果てしない旅過ぎwwwwwwwwww

ーーーーーーー思考停止ーーーーーーー

まとめ

というわけで、

当たり前ですが太陽光設置するなら初期費用をイカにペイするのか?

これを購入段階でじっくり深く検討しなければなりません。

特に家を建ててから後付けしてしまうと足場費用等がまた掛かってしまい、

我が家の様により高値になってしまいます。

太陽光を設置するなら建築段階で一緒に設置するのが間違いないでしょう。

それなら早い段階のペイが可能かも知れません。

また、今回の記事では蓄電池が寄与する節電効果には触れませんでした。

あくまで費用回収を目的とした、元が取れるかも知れない太陽光と違い、

蓄電池は完全に元が取れない、費用回収出来ないからです。

今後は太陽光、蓄電池合算した電気代節約効果を調べて、

記事にしていけたらいいなと考えています。

今回も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク