1月分までの売電分・電気代の動向をグラフにまとめました。




Pocket

1月分までの売電分・電気代の動向をグラフにまとめました。

こんにちは、おすひとです。

今回の記事はタイトル通り、直近までの売電分と電気代をグラフにまとめてみたので、

また何かの参考にして頂ければと思います。

相変わらずネタがないので電気代の話ですがご容赦下さい。




まずは売電分と電気代をチェック

ということで↓がグラフにまとめたものです。

特に先月は平年よりも寒かったですよね?雪も結構降ったし気温も朝は毎日ほぼ氷点下で、

前年同時期と比べても厳しい条件でした。(我が家の周りは)

まぁソーラー自体は昨年の秋の導入なので、売電分の同時期比較は出来ませんが、

これは来年度以降もデータを取れるようにしていきたいと思います。

で、一応電気代のみの前年比較もしてみました。↓↓

これを見ると、

状況的に前年より厳しい状況だったのに電気代は抑えられているのが分かります。

(グラフの表し方が適当だったのでH29~H30の標記がなくなっていますが、

青棒がH28/11月~H29/2月オレンジがH29/11月~H30/2月です、

また細かいですが、1か月分ズレてます。)

『おや??』と思ってカテエネでも確認してみたところ、

どうやら気温の影響はそれほどらしいです。読みが外れた(笑)

使用日数の影響も少しは関係していた様ですが、

注目すべきは昨年に比べて-20%も抑えられています。

完全にソーラーのおかげですね。やっぱり活躍してくれていました。

1月は4400円ほど売電収入があり、電気代も前年比較で同じくらい節約できていたので、

1月分のソーラーによる恩恵は8800円ほどという事になります。

毎月12000円くらいソーラーローンとして払っているのでまだトントンにはなってくれませんが、

春から夏にかけて期待しましょう。楽しみですね。

平成30年度の売電価格について

話が変わりますが、

我が家は余剰買取で去年28円/kwhで契約しましたが、今年度契約すると26円/kwhの様です。

また、全量買取になると18円/kwhまで下がるみたいですね。

正直18円になると売電による旨みはないですよね・・・。

個人的見解ですが、ソーラーパネル載っけまくる商品売ってる一条工務店なんかは

売上が厳しくなっていくんじゃないでしょうか。

しかし2009年なんかは1kw/48円とか、全量買取も2012年は1kw40円と、

今思うとかなりいい値で買ってくれていたのですが、

全量買取なんかは倍以上違ってきちゃうんですね。

ただ、「あの時載せてれば・・・」とか「家建ててれば・・・」とか、

完全に後出しジャンケンみたいなもので考えても無意味だし、無駄です。

なんか株とか仮想通貨みたいな感じですね(笑)

全量買取を視野に入れている方は、蓄電池の購入もセットで考えないと、

あまりメリットはなさそうですね。

まとめ

今回はこんな感じでお届けしました。

依然2月も寒い日が続きそうですが、とにかく厚着して省エネに努めたいですね。

どうしても、この時期でもパンイチシャツで過ごしてしまいがちです。私は。

まぁさすがに寒くなって、1時間くらいしてからようやくパジャマを着るんですけど、

それでも一応耐えれてしまうのが全館空調のデメリットですね。

これでは風邪のリスクを高めてしまいます。

まぁ全館空調のせいにしていますが、

要するに私が風呂あがってから早く服を着ないのがいけないんですけど。

実家では真冬をパンイチシャツで過ごすなんて考えられないので(寒くて)、

でも服を着ない身軽さは中々捨てきれなくて・・・困ったものです。

皆さんも風邪をひかないよう、家の中でも厚着をして風邪対策に努めて下さい。

ではこの辺で、

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク