全館空調のメリット、デメリットについて考察してみる。




Pocket

全館空調によるメリット・デメリット

こんにちは、おすひとです。

前回の記事 ↓↓では、全館空調の価格面に対しての記事となりましたが、

全館空調のコスパは? こんにちは、おすひとです。 今回は全館空調システムについて取り上げます。 我が家もそうでしたが、...

今回は全館空調のメリット、デメリットについて話していきます。

ちなみにこの全館空調は東芝製のウェルブリーズ・プラスと、

デンソーエース製のウェルブリーズ・エースの二つがありますが、

両者の違いについてはまた別の機会で取り上げます。

今回は共通しての部分に焦点を当てて行くので。

では早速始めていきましょう。




全館空調のメリット

三井ホームのプレミアム・モノコック構法により

三井の家はかなりの高気密高断熱住宅ですが、

これに全館空調が入る事により、三井の家は完全に魔法瓶になります。

温めた空気、冷やした空気を逃がさず、

家の中にきれいな空気を取り入れながら循環させます。

ではまずメリットから見ていきましょう。

家中が一定の温度に保たれる

なんと言ってもこれが全館空調の最大の特徴ですね。

メインのコントロールパネルで温度を決めた後は、

各部屋に設置された吹き出し口から冷房、または暖房が送風され、

それぞれの部屋の温度を一定に保ちます。

これにより家全体が一定の温度に保たれ、年中を通して快適に過ごす事が出来ます。

ヒートショックの様な、部屋間の温度差で肉体がダメージを受けるといった事も、

脱衣所や廊下も暖かくなるので、そう言った心配はなくなりますね。

ちなみにこれ、家に人がいない時とかどうするの?

空調動きっぱなしって電気代無駄にならない?と考える方もいると思います。

しかし空調というのは頻繁に温度を変えたり切ったりしてしまうと、

そこに温度を戻す為に余計に電気代を食ってしまうのです

もちろんアパートや部屋単位での空調というのは、そこの部分でしか切ったり

点けたりというのが起きませんから、その影響は少ないものですが、

家全体の温度を管理する全館空調は、そういった事をすると規模が大きくなってしまい、

逆に電気代が掛かってしまうのです。

ただそういった電気代を少しでも節約する為に、

便利なタイマー機能というものがついております。

例えば、日中の誰もいない時間帯は暖房を少し下げて22度に設定し、

皆が返ってくる18時頃から24度に上がる様に設定することで、

無駄に電気をロスしないといった設定が可能です。

まぁこの機能は少しずつ確認しながら・・・と言った感じですけどね(笑)

先ほども話した様に、温度はなるべく一定に保った方が電気代の節約になりますから・・・

これはケースバイケースなのでしょう。

ちなみに我が家は、両方のやり方で試してたら前回の記事の値段になりました。

今年も試行錯誤の年になりそうです(笑)

循環させる空気はきれいなものを

三井の全館空調には高性能フィルターが標準装備されています。

これは、ホコリやダニだけでなく、花粉やカビの胞子も取り除き、更にPM2.5にも対応。

花粉やカビの胞子の大きさは約10μm(マイクロメートル)だそうですが、

この高性能フィルターは2.5μm程度の粒子も捕集する事が出来ます。

花粉症の方もこの全館空調の家に入るとくしゃみや鼻水が途端に止まるとかなんとか・・・

まぁこれは個人差があると思いますけどね(笑)

ただ私も花粉症持ちですが、今年は特に悩まされた記憶がありません。

やはり効果があったのでしょうか?!(笑)

ここでも発揮されるデザイン性

『は?空調の話してんのに、何デザインの話してんだこいつは?』

と思われたらすみません。

しかし!事実です!!

どういう事かと言いますと、まずは室外機の数です。

普通の個別エアコンですとエアコンの数だけ室外機が必要になります。

室外機が何台もゴチャゴチャ置いてあると、

家の外観としての見た目が台無しになってしまいますよね?

しかし全館空調ならこれがたったの2台で済むのです!見た目もアッサリ!スッキリ!

さらに個別エアコンだとどうしてもエアコン本体が部屋の各所で存在感を主張してきます。

まぁ当たり前なのですが、

これが全館空調なら本体は屋根裏か押入れに封印される事になるので、

かなり見た目がスッキリします。

さらにさらに、全館空調を取り入れる事によって家全体の間取りの自由度が増すのです

例えば吹き抜け。

吹き抜けは個別エアコンだと空調が回りづらいと気にする方もいると思いますが、

全館空調なら送風口が各所に配置されている為、

吹き抜けを採用した間取りも躊躇なく選ぶ事が出来ます。

この様に、全館空調を採用する事によって、家のデザイン性にもメリットを

もたらしてくれるのですね。

全館空調、デメリットは?

メリットは他にもあると思いますが、大きな所は言ったと思います。

では、今度はデメリットについて取り上げていきます。

空調フィルター・換気フィルターの交換

※2018年1月追記

この項目がデメリットとして一番大きいと思います。

下の『メンテナンスが面倒・・・』という項目でも触れていますが、

屋内の空気を吸引する空調フィルターも使用期限が一応決まっています。

こちらの交換目安はだいたい2年くらいで、値段もそこまで高くはないのですが、

屋外の空気を取り入れる換気フィルターの方は半年に1回、交換しなくてはなりません。

換気フィルターはそのタイプにより複数種類がありますが、

わが家の場合は2セット使用するタイプのもので、これが中々高いんです・・・(´;ω;`)

詳しい値段やお得に購入する方法はこちらの記事で紹介しているので、

良かったら参考にして下さい。↓↓

【三井ホーム】全館空調フィルターをお得に購入する方法 こんにちは、おすひとです。 前回の更新からだいぶ間が空いてしまいました...

まぁ値段言っちゃうと、空調フィルターの方がだいたい4000円くらい、

換気フィルターの方が1セットで1万4000円するんですけど・・・

つまり1年で2万8000円(2年目は3万2000円)

掛かる事になります。

確かに全館空調は全フロア快適ですが、

その対価としてこの金額を毎年払っていかなければならないのを考えると、

どうなんでしょう?

個別空調の方が確かに廊下とか寒いですけど、

電気代や維持費を考えると・・・??

快適さを取るのか、お金を取るのか。

ホントにこの2択だと思います。

3年目以降からは毎年の定期点検が有料

※2018年9月追記

我が家は2015年完成で2018年でちょうど3年経ちましたが、

デンソーサービス(我が家の全館空調はデンソーエース製なので)から便りが届きました。

要点としては、

・3年目以降の点検は有料です。

1回25000円!!

・点検を受けるかどうかは任意です。

・もし壊れていたら修理費用は実費負担

というものでした。

ていうか、こんな素人の手には負えないもの、点検は任意にしたって、

我々にどうしろと言うのでしょう。

車と同じで、定期的にしっかり見てもらった方が万が一故障した時に、

後々の修理費用は安く済むと考えれば、

毎年受けるに越した事はありませんが・・・

家を買う時にはもちろん聞いて頭にあったかも知れませんが、

3年も経つと忘れています。

最近ホントにお金ないので、全館空調にしてしまった事を軽く後悔しています(笑泣)

ちなみに奥さんにこの事を相談したら、『ホントケチ臭くてヤダ』とか言われました。

『オイオイィィィ⁉その発言んんん!?!?』って感じでしたが・・・(笑)

メンテナンスが面倒

全館空調は2週間に1回、屋内の空気を吸引するフィルターの清掃と、

半年に1回、屋外の空気を取り込むフィルターの交換があるのですが、

地味にめんどくさい・・・

これが屋内の空気吸入口の部分です。

こいつを下まで引っ張り出して、フィルターを掃除機だったり水洗いできれいにします。

ぶっちゃけ3週目まで掃除をしなかった事もありますが(笑)

ただこれをする事で空調は今日も元気に回っていますし、

エアコンのフィルターなんかはめんどくさくてずっと掃除しない事もザラだと思うので、

逆に無理やりにでも『やらなきゃいけない』と言う使命感をかきたてられるこっちの方が、

しっかり掃除も出来ていいのかも知れません。逆にね。

もしも壊れた時どうするの??

もうひとつはこれです。

一応耐久年数として30年は持つと言われていますが、

空調の調子が悪くなる事も想定はしなくてはなりません。

もちろんサポートの方が迅速に修理対応してくれるとは思いますが、

その間は夏場は扇風機、冬場は電気ストーブと、臨機応変に対応していく必要がありますね。

まとめ

今回は全館空調のメリット、デメリットについて言及しました。

皆さんの参考になれば幸いです。

また2種類の全館空調の違いについても取り上げていきたいと思いますので、

その時はまたよろしくお願いします。(こちらになります↓↓)

三井の全館空調、その種類について こんにちは、おすひとです!! 今回の記事では三井ホームが取り扱っている全館空調の種類と、 ...

では、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク